車載カメラってどこまで映っているの?

車載カメラがカバーしている方向とは

車載カメラは事故が起きたときに重要な証拠となるため、多くのトラックに取り付けられています。では、車載カメラはどこまでの映像をカバーしているのでしょうか。通常だと前後にカメラを搭載したタイプが多く、これでも事故の証拠としては役立ちます。しかし、それだけだと車体の側面部分が死角となってしまい、その方向からの接触事故を映像として残すことはできません。万全を期すなら側面にもカメラを取り付ける必要があります。すでに車載カメラを取り付けていた場合は、後付けでカメラを追加する形になりますが、その際には映像を記録するレコーダーがマルチカメラに対応しているかどうかを調べる必要があります。もし違っていると映像が一切記録されないので注意しておきましょう。

車載カメラの種類とは

車載カメラには、衝撃感知型、多機能型、常時録画型などの種類があります。衝撃感知型はその名の通りセンサーが衝撃を感じると録画を開始するタイプのことです。衝撃発生時の数十秒前にさかのぼって映像を記録するのでメモリーの容量が少なく済むというメリットがあります。多機能型はカーナビやワンセグなどの機能を持ったタイプで、一台で色々な役割をこなすことが可能です。常時録画型は運転中の状況をリアルタイムで記録するタイプのことで、事故だけでなくドライブ風景などを残したい場合に向いています。運転中は常に動いているためメモリーは大容量のものが必要です。それぞれに特徴があるので車載カメラを選ぶ場合は自分にとって何が必要かを見極めることが大事でしょう。

これからドライバーの転職を考えるなら、ドライバー専門の求人情報サイトが存在するので、これを活用しましょう。