簡単そうで簡単ではない!ドライバーさんのお仕事

荷の積み下ろしで力と体力がいる

ドライバーの仕事は簡単そうに見えて実は大変な仕事の一つです。
まずドライバーは運転をすればよいだけではありません。
荷物の積み下ろしは自分一人で行わなければいけない場合があり、しかもフォークリフトがなく全て手作業で行わないといけないこともあります。
運転で体力消耗している時に手作業で積み下ろしするのは非常に大変で、力と体力が必要となります。
また、時間との戦いで精神的にも疲れてしまう仕事です。
法定速度の順守をしながら時間厳守なため、休憩時間を短縮させつつ運転しなければいけない場合もあります。
体力的に辛いだけでなく、間に合うのかどうかのプレッシャーもあるため、精神的に疲れてしまいます。
運転好きな人にとって魅力的な仕事ですが、運転技術だけでなく体力も必要になると覚えておきましょう。

夜間は眠気との戦いが大変

長距離ドライバーにとって一番つらいのが、眠気です。
夜に備えてしっかり眠っていたとしても、夜間は睡魔に襲われてしまうことがよくあります。
人間は夜寝る習性があるため、どんなに昼に睡眠していても眠くなってしまいます。
眠い時は眠れば良いと思うかもしれませんが、しかしそれはなかなかできず、必ず睡魔との戦いをしなければいけません。
ドライバーは到着の時間を厳守する必要があるため、必要以上に睡眠をしてしまうと間に合わなくなってしまいます。
睡魔が限界突破しないために様々な工夫が必要としていますし、最悪休憩時に眠ってもすぐに起きられるようにしなければいけません。
眠気との戦いをどうすればよいのかをよく知ってから求人応募をすることがおすすめです。

運送業の求人は好待遇を謳っている所が多いのが特徴ですが、業務内容をよく見ると泊りがけの仕事が頻繁にあるなど過酷なものもあります。また、完全歩合給な所もあるので数字だけで安易に即決しないことが大切です。