運転席ってどうなっているの?マニュアルしかないの?

トラック運転席の特徴

トラックの運転席は普通車と比べて違う点がいくつもあります。特に長距離を走る必要がある大型トラックになるとドライバーが快適に過ごせる工夫があちこちにちりばめられています。まず、一番違うのが運転席の高さです。普通車の運転席は地上から1.2メートル程度なのに対し、大型トラックは2.4メートル程度あり、倍の違いがあります。そのため、遠くまで見通すことができ、運転時の疲労を軽減することが可能です。他には、運転席の後ろに仮眠をとるためのスペースがあるのも普通車との大きな違いでしょう。大人一人が横になっても十分な空間が確保されているので窮屈さを感じることはありません。専用の布団も発売されており、ドライバーの多くが車内に載せています。

オートマのトラックは存在するのか

トラックの多くはマニュアル仕様です。では、オートマのトラックは存在しないのかというとそうではありません。しかし、その数はとても少なく見かけることは稀でしょう。なぜ、オートマのトラックが少ないのかというと車体価格が違うからです。基本的にオートマ車はマニュアル車よりも値段が高めに設定されています。そのため、運送会社ではコストを抑えるためにオートマ車を選択肢から除外するのです。操作性能の違いもオートマ車が少ない理由の一つです。特にトラックを運転するときに多用するエンジンブレーキはマニュアル車のほうが強く効くため、ドライバーとしても安心できるのでしょう。普通車では多く見られるオートマですが、トラックの世界ではこれからもマニュアルが主流であるといえます。

運転手の求人を探している場合、ハローワークや求人広告などのおなじみの方法も利用可能ですが、ドライバー求人専門サイトならば情報量も豊富でより効率的です。