ドライバーの仕事ってどんなもの?

荷物を受け取り、運び、届けるという一見単純作業ですが、届け先が時間指定の場合にはどんなに遠くても時間までに届けなければならず、運転中はお客さまの荷物を乗せているため普段以上に安全に気を遣う必要もあります。受取・運転・引渡しというどの工程においても責任を背負う、とても重要な仕事なのです。

ドライバーの求人は分野も様々

ドライバーの求人とは人や荷物を運ぶ自動車を運転する仕事の求人のことです。タクシーの運転手とか、宅配便の運転手とか、大型トラックの長距離輸送に従事する運転手とか、分野は様々です。

やっぱり大変?体力は必要?

安全運転をするために集中力が不可欠

バスやトラック、タクシーなどドライバーの仕事は色々な求人が出ています。運転席に座ってハンドルを操作し、目的地まで運転するのがメインの仕事なので慣れてしまえばやりやすくなるものの、大変な面もあります。たとえば、運転している最中は常に他の車両や歩いている人などに意識を向けなければならないため、集中力が不可欠です。一瞬の油断がリスクを高めることから、どのような状況にも対応できる準備が求められるでしょう。同じような景色が続いたり、高速道路のように直線ばかりの道だったりなどは集中力が低下しやすいです。また、雨や風、雪によって視界や道路状況が悪くなることはあるでしょうが、ドライバーとして働くには集中力を維持しなければなりません。

長距離の運転は体力が必要

ドライバーの仕事は運転する距離の長さによって身体への負担が異なります。たとえば、短距離のドライバーは勤務時間内に運転している時間はありますが、小まめに乗り降りできるので身体を動かしてリフレッシュできます。しかし、長距離のドライバーは休憩を取りながらとはいっても、数時間は運転を続けることがあります。そのため、体力がなければ雑な運転になったり、必要以上に休憩を取ってしまったりなど、仕事に影響を及ぼすでしょう。ですから、体力に自信がある場合は長距離のドライバーとして働けるチャンスがあります。ただ、短距離ドライバーの求人は比較できるだけの数は出ているので、しっかりと探せば条件に当てはまる会社を見つけられます。

気になる!トラックのこと

ドライバーになりたいなと思う人の中には、運転が好きだったりトラックに興味がある人もいるのではないでしょうか。座る位置が高くなるために普通車から見える景色とは全く違って見え、しかもそのトラックを自分が運転できるなんて嬉しいですね!車種によっても異なりますが、トラックの中のことをお話したいと思います。

運転席ってどうなっているの?マニュアルしかないの?

もしスピードを出し過ぎたら自動で制御するように出来るってホント?

車載カメラってどこまで映っているの?